太陽の光を利用

太陽光発電で電力をまかなうことによる一番のメリットは電気にかかる費用を大きく減らせるということです。それだけではなく、発電して余った電気は、電力会社に売ることができ、その分のお金を得ることができます。また、研究により太陽光発電における発電効率が近年は非常に高くなっており、太陽光パネルを設置することによるメリットは大きいものだといえます。しかし、それでも多くの人が太陽光パネルを設置しない理由には、設置にかかる費用が非常に高額ということが挙げられます。太陽光発電は二酸化炭素を排出しないという点から自治体より補助金が出されますが、それでも何百万といった費用がかかってしまいます。発電によって元をとることが可能だとしても、多くの人が躊躇してしまうであろう金額です。

住宅用の太陽光発電のシステムを導入し設置すると、設置した種類によって異なりますがおよそ150万円の費用がかかります。この150万円を売電収入と電気料金削減分で元を取ろうとすると、およそ10年近くの年月がかかります。売電価格は日々変動しているので、元を取る際にかかる年月は状況によって異なります。10年で元が取れたとすると、11年以降は発電した電力がすべて収入となります。最近の太陽光パネルは寿命が長くなってきており、約20年動くことができるものもあるので、うまく発電することができれば多くの収入を得ることができます。設置費用と売電価格が少しずつ下がっている今は、太陽光発電システムを導入する良いタイミングです。