知っておきたいこと

店舗が閉店する場合には、施錠した上で、シャッターを閉めている光景もよく目にする事があります。店舗には、直接売上に繋がる商品や材料が配置されている事が多くあるため、盗難などの被害に遭わないためにも、施錠を十分にしておく必要があります。 万一、安全を守る、あるいは危険を回避するためのシャッターが作動しなくなってしまった場合には、修理の必要性が生じます。施錠を兼ねている場合がありますので、最悪の場合には、オープンしたままで施錠ができなくなる可能性もあります。 シャッター修理については、現在でも手動で実施している店舗なども見られますが、自動にしたり、センサーを付けるなどすると、人為的な手間が減る上に、衝突を防止する事にも繋がります。音も静かで快適、簡単な作業ができる様になりますので、一度専門業者に相談してみてください。

シャッター修理を実施した場合の平均的な費用については、元々のシャッターの状態によっても違いが生じますので、それぞれのケースで確認していく事になります。 大体の場合には、業者が出張の形で修理を実施しますので、出張料金は掛かる事になりますが、異常音がする、あるいは作動が悪くなったなどの簡単な内容であれば、安ければ1万円程度、高くても3万円位が平均的な修理価格になります。 但し、修理の時点で、自動シャッターに取り替える事になる場合もありますので、この場合には、サイズ等によっても金額に違いが出ます。ガレージに設置する程度のもの、手動のものを新しくする場合で、大体10万円位、電動になると30万円位の費用は掛かります。この程度を大体の目安としてください。